ひかりマテリアル

はにかむねっと

シャロシコと電車・東海編


👤 sudosan 📆 12月 11, 2015 📝 0

この記事はシャロシコ Advent Calendar 2015 10日目の記事です

シャロシコと電車、それを書いた記事がありましたがJR西日本の区間だけだったので東海地方の列車について書こうと思います

まず、東海地方には黄色い電車がほとんどありません。名鉄や遠鉄は地元中日ではなく何故か広島の色だし、JRに至っては全部巨人色です。そういえば横浜のアレも広島カラーだったような・・・

前置きはこの辺にして、JRの車両の紹介をしようと思います。

JR東海のでは2つの新幹線車両と3つの在来線車両が使われています。

新幹線

・N700系G編成
n700
N700Aと言われ登場したN700のマイナーバージョンアップモデル。Aのロゴがでかい

・N700系X編成
n700x
N700系をN700Aと同じように速く走れるために改造したもの。Aのロゴが小さい

・700系
700
JR東海のお荷物。2020年度までにN700Aによって置き換えられることが決まった。

・923形T4編成
t4
700系をベースに作られた線路などの状態をチェックするための車両。通称「ドクターイエロー」

在来線

・313系
313

白塗りの高級車、製造コストがとても高い。が、東海のほぼすべての路線で見ることができる。

2000
静岡区間を走ってるのはオールロングシート仕様。だがE231/E233とは違ってケツは痛くならない。
0
名古屋などを走ってる0番台や5000番台は転換クロスシート。
LED
フルカラーLEDを積んでいるが静岡区間は普通列車しか無いので意味が無い。
5000
フルカラーLEDが有効活用されてる場面。ちなみにこれは5000番台。

フルカラーLEDは以下のように列車種別を表します

特別快速

新 快 速

 快 速 

 普 通 

5000番台は

セミアクティブサスペンションや車両間ダンパーなど

という近郊形にあるまじき豪華な仕様
5k
見づらいですがこれが車両間ダンパー

・311系
311
加速が遅すぎる

・211系
211
ボロ。JR東海の改造によって起動加速度は2.5km/h/sに、最高速度は120km/hまで上げられてる。そのためとても揺れる。

静岡区間のやつはトイレがないという脱糞誘発車両。

・373系
373
昔はムーンライトながらにも使用されていた、JR東海の合理性主義が生み出した車両。
何故か現在はこれよりボロい185系が使われている

普通列車からホームライナー、特急ふじかわなどに使われている。

・383系

空気

気動車

・キハ40
・キハ12

ミャンマー送りにされた

・キハ75
・キハ85

見たこと無いのでなんとも言えない。高山で走ってるらしい

・キハ25

エンジンで走る313系。

さて、この中から選ぶsudosanの選ぶベストオブシャロシコ車両は・・・

211
211系です。

根拠1

ボロい。
JR東海で走っている中で一番古い電車です。これはシャロちゃんの家がボロいことを意味している?

根拠2

揺れる。
シャロちゃんの家もボロくて風が吹くと揺れますが、211系はボロい上に界磁添加励磁制御なため加速時に結構揺れます。

根拠3

トイレがない。
シャロちゃんの家にはお風呂がなくて隣りにある千夜ちゃんの家のお風呂を借りています。

211系はトイレがないため313系を無理やり隣にしてトイレをある編成にすることがほとんどです。
313+211
これ、よく見ると後ろに211がくっついてます。これは間違いない、シャロちゃんですわ。

電車内でシャロシコするのはやめましょう。以上です


カテゴリ:Uncategorized, 未分類

タグ:

関連

共有

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です