ひかりマテリアル

はにかむねっと

LinuxのPT3で受信しChinachuで録画し、Windows上のTVTestで視聴する方法


👤 sudosan 📆 12月 9, 2015 📝 0

注意:この記事の内容は古くなっています。新しい方法はこちらの記事をご覧ください

この記事はDTV Advent Calendar 2015の9日目の記事です

録画システム「Chinachu」は、親しみやすいUIとその利便性からLinuxで広く使われています。
しかし、それは録画に特化してるため、お世辞にもリアルタイムでの視聴には使いやすいとは言えず、両方の用途には向きませんでした。
そこで受信をLinuxで行い、録画をLinux上のChinachuで行い、視聴はネットワークを通じてWindowsマシンのTVTestで行うことができたので解説したいと思います。

まず、これにはu-n-k-n-o-w-nさんの「BonDriverProxy_Linux」を使用します
しかし、いざインストールしてみると、コンフィグファイルがおかしく、recbondから正常に録画できませんでした。そこで私が適当に修正し、正常に録画できるように改変したものをインストールします

PT3をm-tsudoドライバで動かしてることを前提とします。DVBドライバの場合、DVB用の設定が必要なようです

12/20追記:PT2でも動きました

下準備

これで下準備は終了です。
この状態で./BonDriverProxy listenするip portで実行すると引数に指定したような設定でBonDriverProxyが起動します。(例:./BonDriverProxy 192.168.27.83 40298)

Windows側の準備

この記事を見てる方はもうtvtestは導入できてると思うので、そのあたりは飛ばします

BonDriverProxyのdllは配布されておらず、ソースコードのみがhttps://github.com/u-n-k-n-o-w-n/BonDriverProxy で配布されています。
ライセンスはMITなのでビルド済みのファイルをここで再配布しますね。

ビルド済みBonDriver_Proxy

この中にあるBonDriver_Proxy.dllを使用します。他のファイルは今回は使いません

BonDriver_Proxy.dllをTVTestのBonDriverを入れてるとこに入れてください。

PT3を使う場合はBonDriver_Spinelと同様に

  • BonDriver_Proxy_S0.dll
  • BonDriver_Proxy_S1.dll
  • BonDriver_Proxy_T0.dll
  • BonDriver_Proxy_T1.dll

とコピーしてください。

次に設定ファイルを作ります。

設定ファイルの名前は

  • BonDriver_Proxy_**.ini
    です

設定ファイルは以下のように記述します

(例:

これを各チューナー分作ってください。無論、S0の部分は各自変更すること。

最終的にBonDriverフォルダに以下のファイルができれば閑静です

  • BonDriver_Proxy_S0.dll
  • BonDriver_Proxy_S0.ini
  • BonDriver_Proxy_S1.dll
  • BonDriver_Proxy_S1.ini
  • BonDriver_Proxy_T0.dll
  • BonDriver_Proxy_T0.ini
  • BonDriver_Proxy_T1.dll
  • BonDriver_Proxy_T1.ini

これらの準備ができたらTVTestを起動してチューニングしてみましょう。

そうすると・・・!
LinuxのPT3で受信した信号をWindows上のTVTestで視聴することができます
tvtest

Chinachuの設定

・・・めんどくさいのでもうあとは割愛していいですか?
yaman
●はい

recbondのインストール

BonDriver_Proxy Clientのセットアップ

最初の下準備でClientのコンパイルは済ませてあるので設定とファイルのコピーを行います。

あとは各BonDriver_Proxy_**.so.confを以下のように編集してください

例:

ここで重要なのが優先度の設定です。
Chinachuなどの録画システムに向ける場合はCHANNEL_LOCK=1にするなど、優先度を上げてください。

Chinachuのconfig.jsonの設定

あとはChinachuのconfig.jsonをいじってBonDriver_Proxyを経由させるように設定するだけです

config.jsonのチューナー設定のcommand欄。(おそらくrecpt1~と書いてあるところ)を

recbond --driver /home/hasegawa/BonDriverProxy_Linux/BonDriver_Proxy_**.so --b25 --sid <sid> <channel> - -
としましょう。

例:

これでChinachuで録画し、Windowsで視聴する環境の完成です。

快適な録画ライフを楽しみましょう


関連

共有

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です