ひかりマテリアル

はにかむねっと

Raspberry Pi2で作るテレビ用メディアプレーヤー


👤 sudosan 📆 12月 5, 2015 📝 0

この記事はRaspberry Pi Advent Calendar 2015 5日目の記事です

どうもこんにちは、アキバであっきぃ高い良質なPCパーツを買うように煽ったおすすめしたらRaspberry Pi2を買わされてしまったsudosanです。
pi2
やっとまともな記事をかけるAdvent Calendarが回ってきたな・・・

そんなsudosanですが、ちょうどテレビ用にメディアプレーヤーが欲しかったのでこれを使って見ることにしました。

さて、テレビ用のメディアプレーヤーですが、市販のものではどんなものがあるのでしょうか、最近はAppleTVAndroidTV,Fire TV StickIODATAの独自プレーヤーなどたくさんの機種が出てきました。

これらはだいたい1万円程度し、その割に機能に乏しいので、コストパフォーマンスとしては微妙です。

ところで、私がテレビ用のメディアプレーヤーに求める機能がこちらです

  • サーバーのSambaにあるファイルを再生できること
  • MPEG-2,H.264のMPEG TSファイルを再生できること
  • マウスやキーボードを使わずに操作できること

そこで使ったのが「OSMC」です。
OSMCはOpen Source Media Centerの略でそのまんまのものです。

用意するものはこちらです

  • Pi2 本体
  • テレビ
  • MicroSDカード(16GB以上のもの)
  • HDMIケーブル
  • USB電源アダプタ(USB端子のあるテレビならテレビから給電でも可)
  • LANケーブル
    これだけです

pi2
Pi2の本体です。大きさはSuicaとほぼ同じですね。

OSMCにはインストーラーが用意されており、MicroSDをパソコンに接続したらあとはインストーラーを実行するだけで楽にインストールすることができます。

その辺りはこちらのサイトなどですでに解説されているので割愛したいと思います。

テレビへはこのような感じで接続してください

USBDACなんかも使えます
(書き忘れましたが、左下にあるmicroUSBで給電します。)

さて、インストールしたOSMCですが、ここで言語選択画面を開き日本語を選択してしまうと、豆腐だらけになります
OSMCには

日本語フォントがデフォルトで入っていません

ので、自力で日本語フォントを導入する必要があります。M+Fontやkoruriを利用するといいでしょう
osmc
ちなみに、OSMCは初回起動にかなり時間がかかります。あしからず

日本語化については自力で/usr/share/kodi/addons/skin.osmc/16×9/Font.xmlをいじる方法などがありますが、柚子胡椒氏の簡易スクリプトを利用すると便利です。

「ん?今サラッと言語選択画面とか言ってたけどどうやって操作したんだ?」とお思いのあなた!なんとOSMCはHDMIのリンク機能をデフォルトで利用でき、インストール直後から

テレビのリモコンで操作可能

なんです。

また、スマートフォンアプリがあり、それからも操作可能なので基本的にマウスやキーボードなどは不要です。

さて、これでもうメディアプレーヤーとしてはかなり優秀なんですが、一つ問題があります。
素のラズベリーパイのままではMPEG-2のハードウェアデコーダーが有効になっておらず、ほぼ再生できないことです。
これはライセンス料の問題によるものなのですが、RaspberryPiでは課金を行うことによってMPEG-2(やVC-1)のハードウェアデコーダーを有効化することができます。

この辺もいちいち解説してると長くなり何番煎じなので割愛します。「RaspberryPi2 Mpeg2デコーダー」とかでググってください。

これでやっと録画したファイルを再生できるようになりました。再生のイメージについてはこんな感じです。
1
テレビとリモコンとの間は赤外線で、RaspberryPiとテレビの間はHDMIで、その他はLANで接続されています。
2
リモコンを使って指令を出すと、HDMIのリンク機能をつかい、テレビを経由してRaspberryPiを操作できます。
3
RaspberryPiは操作の通り、動画を取得するためにサーバーにアクセスします。
4
サーバーは動画のデーターをRaspberry PiにLANを使って転送します。
5
RaspberryPiのGPUは転送されてきた動画データーをデコードし映像信号に変え、それをHDMIを使いテレビに出力します。
これでテレビをリモコンを使いサーバーの動画を見ることができるわけです。

また柚子胡椒をサーバーにインポートして破壊した人が作っている「pvr.chinachu」を使い、Chinachuサーバーとも連携でき、テレビ放送をリアルタイムで見ることも可能です
tv
また、OSMCではGUIでconfig.txtが弄れたりオーバークロックできたり、謎な機能もあります
config
oc

メディアプレーヤーとしての機能では写真や音楽を再生できます。ハイレゾのFLAC(ときめきポポロン)も大丈夫だったのでたいていのファイルは再生できるんじゃないでしょうか。
flac
地味にUSBの音声出力ができるので音楽を聞くのにも有用です。
usb

たった5千円ほどで、これだけの事ができるので、メディアプレーヤーとしてもコストパフォーマンスが高く、お金のないシャロちゃんでも無理すれば買えるであろう最高の機器だと思います。無理しなくてもお兄さんが買ってあげるよ?
syaro
ちなみにこれもOSMC+RaspberryPi2で再生してます。コマ落ちもなく、普通に見れます。

これで興味が出た方はぜひRaspberryPiとOSMCでメディアプレーヤーを作ってみてください、とても安価でいじりがいのある高性能なメディアプレーヤーが作れますよ!

Raspberry Pi2(本体のみ)

Raspberry Pi2(ケースセット)


カテゴリ:Uncategorized, 未分類

タグ:

関連

共有

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です