ひかりマテリアル

はにかむねっと

シャロシコ率の高い都道府県


👤 sudosan 📆 12月 8, 2015 📝 0

この記事はシャロシコ Advent Calendar 2015 8日目の記事です

シャロシコへのアクセス数を元に人口を考慮しランキングにしました

人口のデーターは2010年度の国勢調査のデーターを、シャロシコ数については11/03-12/03までのデーターを使いました

まず人口とシャロシコ数の相関については、相関係数が0.91と極めて強い相関があります
グラフにするとこんな感じです
sokan
次にシャロシコ率についてです、シャロシコ率はシャロシコ数/人口で計算しました

ランキングについては以下のようになりました。

1位:東京都
2位:滋賀県
3位:神奈川県
4位:大阪府
5位:京都府
6位:静岡県
7位:埼玉県
8位:奈良県
9位:愛知県
10位:茨城県
11位:兵庫県
12位:千葉県
13位:栃木県
14位:石川県
15位:北海道
16位:群馬県
17位:富山県
18位:福岡県
19位:岐阜県
20位:岩手県
21位:香川県
22位:島根県
23位:鳥取県
24位:三重県
25位:宮城県
26位:広島県
27位:福井県
28位:大分県
29位:佐賀県
30位:福島県
31位:青森県
32位:鹿児島県
33位:山梨県
34位:新潟県
35位:長野県
36位:熊本県
37位:岡山県
38位:宮崎県
39位:高知県
40位:徳島県
41位:沖縄県
42位:愛媛県
43位:和歌山県
44位:秋田県
45位:長崎県
46位:山形県
47位:山口県

と、以上の通りの結果となりました。
個人的には滋賀県のシャロシコ率が高く驚きました

また、人口とシャロシコ率の相関係数が0.77と強い相関があり、

人口の多いとこほどシャロでシコってる

ということがわかりました

人口とシャロシコ率のグラフは以下の通りです
jinko
人口が少ないのにシャロシコ率が飛び抜けて高い滋賀県・・・いったいなぜなんだろうか・・・


カテゴリ:Uncategorized, 未分類

タグ:

関連

共有

コメント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です